ページの先頭です

肘の痛み 手首(指)の痛み 
トップページ > 症状別紹介 > 肘の痛み 手首(指)の痛み 

肘の痛み(テニス肘、ゴルフ肘、野球肘など)

 肘痛は、肘を多く使うスポーツをされる方に多く見られます肘の痛み野球ではおもに投球、テニスではラケットのスイング、ゴルフではクラブを振る動作が肘の痛みの原因になります。これらの動作は、肘の関節を非常によく使うため、故障の原因にもなります。

痛みを感じる場所は、肘の内側または外側の場合があります。肘の内側が痛む場合は上腕骨内側上顆炎と呼ばれる障害で、野球のスローイング、テニスのフォアハンドなど、手首を手のひらの方に曲げる運動によって起こります。

一方、肘の外側が痛む場合は上腕骨外側上顆炎という障害で、テニスのバックハンドなど、手首を手の甲の方に曲げる運動によって起こります。いずれの場合も、肘の周りの筋肉や腱を酷使する事によって生じます。

スポーツ以外にも、仕事で重たいものを持ったり運んだり、肘に負担がかかる動作が多い方に見られます

腱鞘炎(けんしょうえん)

 指には腱という筋肉と骨をつないでいる役割のひも状のものがあります。手首の痛みさらにこの腱は腱鞘という刀を収める鞘のような役割のもので覆われています。腱鞘の中には腱の動きをなめらかにするための潤滑液が入っています。腱鞘炎とはこの腱鞘が炎症を起こして腱のすべりが悪くなり、指を動かすたびに痛みが発生するという障害です

腱鞘炎の原因は手首や指の使い過ぎによるものです。急性の場合はアイシングをしてしばらく安静にすれば症状は軽くなりますが、腱鞘炎を繰り返すうちに悪化し慢性化してしまいます。一度慢性化してしまうと、治りにくくなってしまいます。

腱鞘炎になりやすい方は、日々仕事などでパソコンのタイピングまたはマウスの使用で手首と指をたくさん使っている方、楽器演奏者、レストランのサーバーさんなど手首や指を長時間使い続ける人に多いです

 カイロプラクティックケア

 これらの肘や上腕の障害の治療は、初めにそれら症状の原因となる運動や動作を極力控え、そして患部をアイシングします。多くのケースで肘、手首の関節に問題があるので施術します。その他筋肉の緩和操作やストレッチで肘の周りの筋肉のバランスを整えます。症状が回復してきたら、肘周りの筋肉をダンベルやゴムバンドなどを使用した運動で鍛えれば再発防止になります

メールでのご予約

初見料無料キャンペーン

ご予約のお願い

メールでのご予約

こんな方が来院されてます。

背骨と神経

スタッフの紹介

よくある質問

キャンペーン

当院は練馬駅徒歩30秒のデザイナーズマンションの一室にあります。

東京都練馬区豊玉北5丁目18-10
プリマヴェーラ503
TEL:03-5948-7866

アクセス

千川通りのマクドナルド左隣りの建物です!

地図

詳細はコチラ

営業時間

平日 10:00~21:00 土日 10:00~19:00 祝祭日も営業中!

カレンダー

モバイルサイト

オンライン予約

高齢者ケアに最適です

English Speakers are Welcome!

マタニティ・ケア

院長コラム

スタッフコラム

スタッフ募集

HOW TO エクササイズ

メディア紹介

サンデー毎日

【サンデー毎日】 サンデー毎日のWHO基準カイロプラクティック特集でウェルビースパインも紹介されました。
【FM渋谷】 8月7日の放送で当センターが紹介されました。
【mr partner】 英国のライフスタイル雑誌9月号で当センターが紹介されました。

GSL