ページの先頭です

右股関節痛 (14歳女性 中学生 西東京市)
トップページ > 症例の報告 > 股関節の痛み・つまり > 右股関節痛 (14歳女性 中学生 西東京市)

14歳の女子中学生が一年前から続く股関節痛を訴えて母親と一緒に来院されました。

彼女は3歳の頃からバレエを習い続けていて1年前から徐々に痛くなり、最近では脚を開脚したり挙上すると股関節に鈍痛を感じるということでした。腰痛もあったので近くの接骨院に通ってマッサージなどの治療を受けていたが股関節痛はほとんど良くならなかったために来院されました。

 右股関節の可動域は正常範囲内で明らかな可動性の減少は認められませんでしたが、最大屈曲と内転位で股関節の奥の方での痛みが増悪し、更に右股関節を内旋するとより痛みが増悪しました。股関節周辺の筋肉の機能的な弱化と仙腸関節と膝関節の機能障害も認められました。

 これらの検査結果から、骨盤や膝関節の機能障害が、股関節に何らかの構造的な障害を引き起こして痛みを誘発しているのではないかと判断しました。

 施術は痛みを引き起こしている股関節周辺の軟部組織への緩和操作、骨盤、股関節、膝関節の機能障害に対してカイロプラクティックアジャストメントを行いました。週一回の施術を3週行って、脚を開脚して時に感じていた痛みがかなり収まりました。現在は再発防止のため月に一回のメンテナンス治療に来ていただいています。

担当コメント

 女性の股関節は構造上、男性の股関節よりも浅く、障害を引き起こしやすいと言われています。この患者さんの場合、年齢から股関節の変性が起きている可能性は非常に低いので、バレエを長年習っているということから繰り返し同じ動作をすることによって引き起こされたオーバーユースによるものだと考えられます。股関節周辺の構造は複雑でどの組織に障害があるのかは、特定出来ませんでしたが、股関節に負担をかけていると思われる部位の施術をすることによって痛みが緩和されることも少なくありません。若年者でも股関節痛を長期間ほっておくと、場合によっては手術をしなければならないケースもあるので、似たような症状をお持ちの方は一度相談してください。

メールでのご予約

初見料無料キャンペーン

ご予約のお願い

メールでのご予約

こんな方が来院されてます。

背骨と神経

スタッフの紹介

よくある質問

キャンペーン

当院は練馬駅徒歩30秒のデザイナーズマンションの一室にあります。

東京都練馬区豊玉北5丁目18-10
プリマヴェーラ503
TEL:03-5948-7866

アクセス

千川通りのマクドナルド左隣りの建物です!

地図

詳細はコチラ

営業時間

平日 10:00~21:00 土日 10:00~19:00 祝祭日も営業中!

カレンダー

モバイルサイト

オンライン予約

高齢者ケアに最適です

English Speakers are Welcome!

マタニティ・ケア

院長コラム

スタッフコラム

スタッフ募集

HOW TO エクササイズ

メディア紹介

サンデー毎日

【サンデー毎日】 サンデー毎日のWHO基準カイロプラクティック特集でウェルビースパインも紹介されました。
【FM渋谷】 8月7日の放送で当センターが紹介されました。
【mr partner】 英国のライフスタイル雑誌9月号で当センターが紹介されました。

GSL